ホーム>工房紹介

工房紹介

factory

made in kobe

現在、工房では若手の職人3名が中心となってcluetoのバッグ、革小物の製作をしております。
自分たちの手で責任を持って作り、自分たちの手で渡す。私たちの基本的な考えの下、日々、製作に取り組んでおり、
ここから、神戸のお店、ネットショップ、全国のお取り扱いしていただいてるお店様、
そしてcluetoの製品はお客様の手に渡ります。

画像には写っておりませんが、手前にはデザイン~型紙を作る、スペース、
奥には革や生地が巻かれて、保存されているスペースがあります。

 

裁断

裁断.jpg

帆布やリネンなどの生地の裁断は全て、ハサミで一つ一つ取ります。特に染めの生地は、染めムラも多く、一つ一つの型にあった場所を、目で確認しながら、丁寧に進めていきます。

金型切り抜き.jpg

革小物や細々したパーツは、金型を使って切り抜いていきます。
機械で切るといっても、革は部位によって用途がちがい、また色むらやキズなども確認しながらの作業です。

手裁ち.jpg

最後に包丁による手裁ち。
革の部位、繊維の向き、キズ、色むらなど確認しながら、慎重に、パーツごとに切り分けていきます。

 縫製

縫製.jpg

裁断が終わり、下処理のあとは、メインのミシン。
ミシンといっても、cluetoの工房だけでも4種類の7台のミシンが並び、裏地、持ち手、表地、パイピング、仕上げ、革小物と、縫う素材や形状によって使い分けされます。

縫うだけなら誰でもできますが、たくさんの数を、スピードを落とさず、きれいにミスなく縫えるようになるには時間がかかります。

下処理

細かな作業も全て手作業です。

糊付け.jpg

糊付け、補強

穴あけ.jpg

穴あけ、金具打ち

チャーム作り.jpg

チャーム作り

お問い合わせフォーム / 画像

製品に関するお問い合わせは、お電話(078-381-7442)、もしくはお問い合わせ
フォームよりお願いいたします。